スポーツ

東京マラソン2020参加費返金ある?一般参加中止は応募要項対象外?

2月17日に、東京マラソン2020の一般参加(一般走者)の出場が中止決定されました。

しかし、東京マラソン2020の開催中止ではなく、一般参加者の出場が取り止めです。

この場合は、一般参加者への参加費の返金はあるのでしょうか?

ということで、この記事では、東京マラソン2020参加費返金あるのか?一般参加中止は応募要項対象外なのか?を中心にまとめていきます。

東京マラソン2020
参加費返金ある?

東京マラソン2020は開催されますが、一般参加者の出場は取りやめとなりましたが、ネットの皆さんの意見を参考に見ていきます。

参加費は返金してほしいという意見

参加費返金はないだろうという意見

Twitter上での、皆さんの声を拾ってみましたが、やはり、参加費の返金を求める意見が圧倒的に多いようです。

『参加費返金はないだろう』という意見の方も、数名いらっしゃいました。

おそらく、この方達は、何度かマラソン大会の参加経験があり、過去に台風などの影響で参加中止の経験がある方達なのだと思います。

この辺りで、返金についての温度差があるように思いました。

今回は、台風でも地震でもなく、コロナウイルス の影響なので、同様に考えることは難しそうですが、これだけTwitter上での参加費返金の意見が高まっている様子をみるとなかなか難しい判断ですね。

東京マラソン大会自体は開催するわけで、縮小するとはいえ開催費用はかかるわけで…。

このあたり、今後の主催者の決断に注目が集まりそうです。

Sponsored Links


一般参加中止は
応募要項対象外?

今回の決定は、大会の中止ではなく、一般参加者の出場の取りやめのみです。

大会のエントリー規約をみてみます。

(1)積雪、大雨による増水、強風による建物等の損壊の発生、落雷や竜巻、コース周辺の建物から火災発 生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合、関係当局より中止要請を受けた場合、日本 国内における地震による中止の場合、J アラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)は、参加料のみ返金いたします。なお、それ以外の大会中止の場合、返金はいたしません。

引用元:東京マラソン2020
エントリー募集要項

関係当局より、中止要請を受けた場合は、参加料の返金があるようです。

今回は、大会自体の中止はされていないので、これには当てはまらないかもしれません。

応募要項に当てはめて考えると、参加費の返金は難しそうです。

しかし、以下のネットニュースがありました。

出場者が支払った参加費の払い戻しなどは今後、財団が検討を続けるが、大会本番まで2週間を切った段階での決定となり、交通手段や宿泊場所などを確保していた一般ランナーの間で混乱が広がる可能性もある。

引用元:読売新聞
2020/02/17 16:22

この内容をみると、参加費の返金の可能性は、なくはないかもしれません。

東京マラソンの主催者は、東京マラソン財団ですので、参加費の払い戻しについての判断は、財団で決定されそうですね。

例年の事例では、台風などでマラソン大会が中止になったとしても、一般的には参加費の返金はされていないので、あまり期待せずにいた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

東京マラソン2020参加費返金あるのか、一般参加中止は応募要項対象外なのか、についてまとめてきました。

東京マラソンの一般参加が中止となくなったことは、コロナウイルス を抑制するためには必要な措置だったと思います。

これで、ますます東京オリンピックの開催が危ぶまれてきそうです。いつになったら収束するのでしょうか。

世の中、マスクが足りなくなっていますが、私はネックゲーターを口の部分まであげて、マスクがわりにして使っています。

ちなみに、ネックゲーターの通常の使い方は、首のあたりの防寒や日除けのために使いますが、マスクがわりに使うものありだな〜と思い、マスクの代用として使用しています。
↓参考にしてみてください。

それでは以上です。
↓こちらの記事も合わせてどうぞ。

藤田医科大学コロナウイルス患者受け入れ!でも治療は指定医療機関だった|fun doors

『藤田医科大学岡崎医療センター』が、開院前にコロナウイルス 患者の受け入れをするとのニュースがありました。 しかし、どこまで医療を提供するかは、まだ決まっていないようです。 どういう意味なのでしょうか?…