ニュース

【吉村寝ろとは】吉村知事のクマ・痩せたが心配!枝野寝ろとの比較も

Twitterでは、「#吉村寝ろ」が、話題になっています。

そこで気になるのは「吉村寝ろとは何?」ということではないでしょうか。

 

「吉村」とは、大阪府知事の吉村洋文(よしむら ひろふみ)さんです。

緊急事態宣言で、大阪は対象地域となりましたが、それらの対応で、お忙しい日々を送っているのではないかと、心配です。

ネットでは「痩せた」「クマ」などのワードも上がっていました。

 

過去、東日本大震災直後にも、Twitterでは「#枝野寝ろ」のハッシュタグ付きで、メッセージがありました。

 

そこで今回まとめた内容はこちら

  • 吉村寝ろとは?
  • 吉村知事の「クマ」「痩せた」が心配!
  • 枝野寝ろとの比較!

この記事を読むことで、『吉村寝ろ』の意味や、吉村知事の「クマ・痩せた」についての心配のコメントについて知ることができます。

また、過去の「#枝野寝ろ」との比較も見ていきます。

それでは早速、本題に入りましょう!

吉村寝ろとは?

Twitterの、吉村寝ろとは、どういう意味なのか、調べてみました。

結論から申し上げると、吉村寝ろとは、緊急事態宣言の対応など、連日、大阪府民のために活動している、大阪府知事・吉村洋文さんの体を心配する声のようです

 

まず、吉村府知事の、緊急事態宣言の要請メッセージをご覧ください。

大阪府民へのメッセージをみて、Twitterでは、下のようなコメントがありました。

 

それでは、Twitterの『#吉村寝ろ』のハッシュタグを、皆さんのコメントともにみてみましょう。

吉村知事の体を心配するコメントと共に、「#吉村寝ろ」のハッシュタグがありますね。

 

吉村知事のTwitterメッセージに対して、下のようなコメントもありました。

吉村府知事のわかりやすいコメントに、心揺さぶられる方もいらっしゃるようです。

 

「#吉村寝ろ」は、皆さんの優しさからのコメントですね。

「#吉村寝ろ」から、皆さんの大阪府知事への信頼感も感じられますね。

吉村知事の「クマ」「痩せた」が心配!

吉村知事に関して、「クマ」「痩せた」のワードがありましたが、現在の吉村知事は、どのようでしょうか?

緊急事態宣言対応で、忙しい日々を送っていると思います。

 

まずは、1年前の、大阪府知事選挙当時の様子をみてみます。

選挙活動で、お疲れの時期とは思いますが、健康的な雰囲気ですね。

 

次に、「クマ」「痩せた」に注目しながら、最近の吉村知事の顔画像をみてみましょう。

最近の吉村知事の顔画像をみると、少しクマがあるかな、という気もします。

「クマ」や「痩せた」と心配の声が上がるほど、吉村知事は信頼されている知事なのだな、と感じました。

枝野寝ろとの比較!

東日本大震災直後、Twitterでは「#枝野寝ろ」のハッシュタグ付きでのコメントが多くありました。

当時の『枝野寝ろ』とは、どういう意味だったのか、振り返ってみたいと思います。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震/東日本大震災において、地震、津波、原発事故と立て続けに問題が起こり、その対応の為に枝野幸男内閣官房長官による数時間おき、時には1時間に数回の記者会見が行われた。

連日の高頻度かつ昼夜を問わない記者会見の場において、カメラに映る枝野氏の表情に疲労が蓄積されていくのを容易に確認でき、その様子を目の当たりにしたTwitter利用者の間で #edano_nero というハッシュタグと共に「枝野寝ろ」「枝野さん、無理しないでください」など、枝野氏を気遣う多くのメッセージが飛び交った

引用元:https://dic.pixiv.net/a/%E6%9E%9D%E9%87%8E%E5%AF%9D%E3%82%8D

被害日本大震災での、連日連夜の対応で、疲労している枝野幸男内閣官房長官に対する「#枝野寝ろ」のハッシュタグだったようです。

 

今回の「#吉村寝ろ」で、「枝野寝ろ」を思い出す方もいたようです。

当時の枝野幸男内閣官房長官に対して「枝野寝ろ」とのハッシュタグがありましたが、睡眠時間はどのくらいだったのでしょうか?

当時のニュースを振り返ってみます。

 2011年3月11日の東日本大震災直後から数日間「不眠不休で対応に努めた」と一時は賞賛された当時の官房長官、枝野幸男氏の睡眠時間が分かった。「1~2時間うたた寝した程度」だったそうだ。

引用元:https://www.j-cast.com/2013/01/25162726.html?p=all

睡眠時間が、1、2時間とは、相当、大変な日々だったと思います。

まとめ

【吉村寝ろとは】について、Twitterの皆さんの声と共にご紹介しました。

 

現在は、緊急事態宣言で、政府関係者だけでなく、医療現場や、ライフラインで製造する方、運送関係、保育従事者の皆さんも、大変な思いでお仕事されていますよね。

もう一踏ん張りですが、皆さん一人ひとりの健康を守らなければなりませんね。

それでは今回はこれまでとさせていただきます。ありがとうございました。