ニュース

緊急事態宣言で東京都北区の保育園は?受け入れ対象園児と期間も調査

緊急事態宣言が発令され、対象地域の東京都でも外出自粛がより一層徹底されました。

小学校や中学校も休校となりましたが、保育園はどうなるのでしょうか?

東京都北区では、保育園の受け入れについて提示がありました。

そこで気になるのは「緊急事態宣言で東京都北区の保育園はどうなる?」ということではないでしょうか。

受け入れ対象の園児や期間についても気になります。

 

そこで今回まとめた内容はこちら

緊急事態宣言で東京都北区の保育園は?

受け入れ対象園児と期間を調査!

この記事を読むことで、緊急事態宣言で東京都北区の保育園はどうなるのか、受け入れ園児や期間について知ることができます。

それでは早速、本題に入りましょう!

緊急事態宣言で東京都北区の保育園はどうなる?

緊急事態宣言が出され、東京都北区の保育園はどうなるのか調べてみました。

結論を先に申し上げると、規模を縮小した保育園の運営をするようです。

 

では、もう少し詳しくみていきましょう。

国の緊急事態が宣言されたことを踏まえて、保育園の運営について検討を行った結果、ご利用のみなさまに、より一層の登園の自粛をお願いしたうえで、社会生活を維持するため必要不可欠な部分の役割を果たすため、その規模を縮小して保育園を運営することといたしました。

引用元:http://www.city.kita.tokyo.jp/k-hoiku/kosodate/hoikuen/hoikuen/zaien/kyuen.html

北区の保育園は、規模を縮小して保育園の運営は維持するようです。

 

東京都23区のほとんどでは、「原則休園」「自粛要請」としていました。

東京都北区は、「自粛要請」となっていますね。

 

東京都の、保育園に関する方針もみてみましょう。

都の場合は「保育園は緊急事態宣言によって休業を要請する施設として想定していない」(都の担当者)。ただ、園内で感染者が出るなど休園せざるを得ない場合、仕事を休めない保護者の子どもらの受け皿づくりを求めている。

引用元:https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020040902000144.html

東京都としては、保育園は、休業を要請する施設の対象ではないようです。

これに対して、ツイッターでは以下のコメントもありました。

確かに、医療従事者のご家庭では、保育園の必要性はありますよね。

それ以外の方は、できるだけ登園しないことで、子供たちへの感染は抑えられます。

 

このような声が多かったのでしょうか、東京都北区では、保育園での受け入れ対象児童を明確にし、これ以外のご家庭では保育の受け入れを控えて欲しいとの内容を発表しました。

受け入れ対象園児と期間を調査!

受け入れ対象園児や、その期間について調べてみました。

受け入れ対象園児は?

緊急事態宣言で、受け入れ対象園児は以下のご家庭の方です。

  • 医療従事者
  • 社会機能維持事業者
    (行政機関、物流、交通、食品・医薬品の販売等)
  • 他に保育等を行える人がいない園児・児童
  • 引き続き保育等が行えない特段の事情の方

病院・薬局などにお勤めの方や、スーパー、運送関係、行政にお勤めの方は、受け入れ対象のようですね。

緊急事態宣言で対応の期間は?

緊急事態宣言で、対応の期間は、国の期間と同様で、5月6日(水)までになります。

それ以降に関しては、明確になっていませんが、コロナ感染拡大がおさまっていれば、緊急事態宣言は排除されると思います。

終息の気配がなければ、延長される可能性もあるかもしれませんね。



まとめ

緊急事態宣言で東京都北区の保育園はどうなるのか、受け入れ対象園児や、対象の期間についても調べみました。

東京都北区の保育園では、「自粛要請」となっていました。

受け入れ対象園児は、医療従事者やスーパー、物流関係など、主に社会維持関係のお仕事をされている方のようです。

期間は、5月6日までとのことなので、ゴールデンウィーク明けまでになりますね。

まずは、子供たちへ感染が広がらないことを祈りたいですね。

それでは今回はこれまでとさせていただきます。ありがとうございました。