音楽

Perfume『再生』の歌詞と意味!「ぜんまいは巻かれた」とは?

映画『屍人荘の殺人(しじんそうのさつじん)』が、12月13日(金)公開されます。

ミステリー小説オタクの主演・神木隆之介さんが演じる、大学生の葉村が、迷探偵ブリを発揮しながら、仲間と一緒に謎を説いていくストーリーです。

 

そして、この映画の主題歌は、Perfume(パフューム)が歌う『再生』です。実は、この映画のために書き下ろされた曲です。

 

エミリ
エミリ
『屍人荘の殺人』のための
曲じゃない!

そうなんです。

きっと、歌詞の内容には、映画『屍人荘の殺人』との関連性がありますよね。

歌詞にはどんな意味があるのでしょうか?

 

ということで、この記事は、Perfumeの『再生』の歌詞意味について記載しています。

曲中のキーワードの「ぜんまいは巻かれた」はどういう意味なのかについても考察していきます。

また、映画『屍人荘の殺人』との関連についても見ていきましょう。

Perfume『再生』歌詞と意味
「ぜんまい」とは?

映画『屍人荘の殺人』の主題歌「再生」MVバージョンを、下にご紹介します。

*Perfume『再生』のフルの楽曲はこちらです。

 

冒頭ピコピコのアップテンポな出だしと、映画本編映像と曲のイメージが重なって、かなりステキです!

映画のために書かれた曲とあって、みごとなにハマってますね。

 

エミリ
エミリ
曲のタイトルの『再生』って気になるわ。

ミステリー映画のヒントも隠されていそうね。

確かに!

その辺りも、探っていきましょう。

 

『再生』
歌手 Perfume
作詞 田中ヤスタカ
作曲 田中ヤスタカ

最大限界生きたいわ 宇宙全体が手品いやい 正真正銘未来以来 偶然性さえ運命さ

コンピューターでも解けないわ 果てしない 光線の海 全身全霊で向かうわ

再生 再生 再生成

引用元:Uta-Net

出だしの、ピコピコピコ…なんだか、マシーンが動いているような感じですね。

ロボットが動き出しそうな感じです。

そして、「謎を解き明かす」=「再生」を意味するような気がします。

 

世界のすべての出来事には、手品のように、タネも仕掛けもある。

偶然なんてなくて、すべてが運命。コンピュータには解けないほど果てしない謎。

全身全霊で事件の謎に立ち向かうわっ!

事件の謎に立ち向かう気持ちを感じますね。

バックのピコピコピコ…の音が、絶えず続いている感じが、ロボットが、謎解きしている雰囲気ですね。

 

こぼれ落ちる涙の 意味を 探していたの ヒカリ止まる命の 夢はとっくに冷めていた

いつか一人の国から 便りが届いて だから行かなきゃ行かなきゃ 結局ぜんまいは巻かれた

引用元:Uta-Net

「ヒカリ止まる 命の夢はとっくに冷めていた」「ぜんまいは巻かれた」

この表現、ちょっと機械っぽいですよね。

歌の主人公が、ロボットのような気がしてなりません。

便りが届いて、「やっぱりいかなくちゃ!」

ぜんまいが巻かれて、飛び出していく様子ではないでしょうか。

 

もしかして、映画の登場人物と何か関係があるのでしょうか?

映画の登場人物に、人間ではないロボットが登場している???

 

曲も映画も、ミステリーです…。

 

最大限界生きたいわ 宇宙全体が手品いやい 正真正銘未来以来 偶然性さえ運命さ

コンピューターでも解けないわ 果てしない 光線の海 全身全霊で向かうわ

再生 再生 再生成

引用元:Uta-Net

全力で立ち向かうよ!

全ての出来事には、タネも仕掛けもある。

偶然ではなく、すべてが運命、必然。

コンピュータでも、解けないわ!
でも全力で立ち向かうわ。

 

エミリ
エミリ
????

やっぱり、ロボット的な人物?

 

今も覚えているの 人でいた時の頃 キミの思い出だけが 心をつなぎとめていた

だけど最後の国から 便りが届いて すぐに行かなきゃ行かなきゃ 結局ぜんまいは巻かれた

引用元:Uta-Net

今でも、自分が人間だっと頃のことを覚えている。

君の思い出だけが、この心をつなぎとめている。

すぐにいかなくちゃ!

結局、ゼンマイは巻かれた

 

エミリ
エミリ
????

ぜんまいって、
やっぱり、ロボットよねぇ?

 

最大限界生きたいわ 宇宙全体が手品いやい 正真正銘未来以来 偶然性さえ運命さ

コンピューターでも解けないわ 果てしない 光線の海 全身全霊で向かうわ

再生 再生 再生成

引用元:Uta-Net

精一杯行きたいわ。

この宇宙は、手品のようで、囲み未来も、偶然さえも運命。

コンピューターでも解けないくらい難解。

でも全力で立ち向かうわ。

再生 再生 再生… 再生成

 

エミリ
エミリ
????

「再生」って、
やっぱり、ロボット?

 

いつか一人の国から 便りが届いて だから行かなきゃ行かなきゃ 結局ぜんまいは巻かれた

だけど最後の国から 便りが届いて すぐに行かなきゃ行かなきゃ 結局ぜんまいは巻かれた

引用元:Uta-Net

いろんなところから、助けを求める便りが来るから、いかなくちゃ!いかなくちゃ!

結局ぜんまいは巻かれた。

 

エミリ
エミリ
やっぱり、
ぜんまい巻いてるやん!

ロボットやん!

映画のどこにロボットおんねん!

もしや…突然現れた、あの子?

ロボット的な鋭い推理能力ってこと?

 

最大限界生きたいわ 宇宙全体が手品いやい 正真正銘未来以来 偶然性さえ運命さ

コンピューターでも解けないわ 果てしない 光線の海 全身全霊で向かうわ

再生 再生 再生成

引用元:Uta-Net

最大限に行きたいわ。宇宙全体が手品みたいで、過去も未来もすべてが運命。

コンピューターでも解けないわ。

でも全力で立ち向かうの!

再生 再生 再生… 自分も再生成。

 

今一度、MVをみてみてください。何か、ヒントになるようなものが見えましたか?

 

エミリ
エミリ
私、登場人物の、あの子
とってーーーーも気になるわ!

ということで、あの子を中心とした歌詞なのではないかと思いました。

Perfume『再生』と
映画「屍人荘の殺人」との関連は?

Perfume『再生』と映画「屍人荘の殺人」の関連を考えてみます。

ですが、パフュームの可愛い声から、「屍人荘の殺人」って結びつきませんよね…(汗)。

 

エミリ
エミリ
それにしても、
「屍人」ってどんな意味なの?

 

「屍」は、「しかばね」「死人の体」「死体」「なきがら」の意味です。

「屍人(しびと)」というのは、しかばねの人で、いわゆる、人間でも死体でもない、ゾンビの様な風貌というイメージです。

映画のタイトル「屍人荘の殺人」というのも、いわゆる「ゾンビ屋敷の殺人」とも言い換えられるかもしれません。

 

このゾンビ屋敷で次々に起こるミステリー事件を解決しようとしているのが、下の映画の登場人物。

  • 主人公:葉村譲(神木隆之介)
  • ヒロイン:剣崎比留子(浜辺美波)
  • ミステリー愛好会の会長:
    明智恭介(中村倫也)

 

特に、Perfumeの可愛い歌の感じとつながりそうなキャストは、ヒロインの剣崎比留子(浜辺美波)。

登場人物の中でも、完璧とも言える美しさ、無駄のない動き、機械的な思考、推理能力の高さ。

浜辺美波演じる剣崎比留子が、Perfume『再生』に関連があるように思いました。

 

エミリ
エミリ
Perfume『再生』を聴いたら、劇場で、ミステリー事件の解決を見るしかないわね!

皆さんも、ぜひご覧ください。

 

Perfumeの配信曲を下にご紹介します。『再生』もありますよ。

 

まとめ

Perfume(パフューム)『再生』が、映画「屍人荘の殺人」の書き下ろし曲と知ったら、歌詞が意味する真意を、映画で確かめたくなっちゃいますよね。

Perfumeの可愛いデジタル的な曲と、殺人ミステリーが、どこでどう結びついて、結末を迎えるのでしょうか…。

楽しみです!

 

エミリ
エミリ

 

以上です。
ありがとうございました。