音楽

中島みゆき『ファイト!』の歌詞と意味を考察!闘う相手は自分自身!

中島みゆきさんは、日本を代表するアーティストです。そして、多くのアーティストにカバーされる中島みゆきさんの曲『ファイト!』。

この記事では、中島みゆきさんの『ファイト!』の歌詞と、その意味について考察していきます。

中島みゆき「ファイト!」はこんな歌!

『ファイト!』は、1994年にリリースされた曲で、当時、『空と君のあいだに』と共にシングル発売されています。

『空と君のあいだに』は当時大ヒットしたテレビドラマ「家なき子」の主題歌で、ミリオンヒットしました。

中島みゆきさんの、強いメッセージ性のある歌詞は、心に深く刻めるような内容で、当時、とても反響がありました。

『ファイト!』もそのうちの一つで、ヒットした曲の一つです。

↓中島みゆきさんの『ファイト!』をこちらにご紹介します。

中島みゆきの歌唱力と個性的な声!

中島みゆきさんの歌い方は、独特で、唯一無二と言えるほど、インパクトがあり、印象的な声ですね。

この歌唱力があるからこそ、歌詞の意味に深みを持たせるのかもしれません。

中島みゆきさんの曲をカバーしても、やっぱり中島みゆきには敵わない底力を感じるアーティストです。

『ファイト!』の歌詞の意味を考察!

それでは、『ファイト!』の歌詞とその意味について考察していきます。

あたし中卒やからね 仕事をもらわれへんのやと書いた女の子の手紙の文字は
とがりながらふるえている
ガキのくせにと頬を打たれ 少年たちの眼が年をとる
悔しさを握りしめすぎた こぶしの中 爪が突き刺さる

引用元: ファイト!
作詞:中島みゆき 作曲:中島みゆき

歌い初めから、かなり強烈な印象を受けますね。

この歌詞は、ラジオリスナーが、中島みゆきさんのラジオに寄せたメッセージを元にしてできた歌詞のようです。

「中卒だから仕事がもらえないんだ…」

自分は、経歴学歴に縛られずに生きていきたいし、頑張りたい、でも世間が自分を見る目は厳しい。

心の中では抵抗するけれど、「ガキのくせに!」という大人たちに返す言葉も浮かばず、悔しくて悔しくて仕方がない気持ちと、それをこらえる感情が伝わります。

 

私、本当は目撃したんです
昨日電車の駅 階段でころがり落ちた子供と つきとばした女のうす笑い
私、驚いてしまって 助けもせず叫びもしなかった
ただ恐くて逃げました 私の敵は 私です

引用元: ファイト!
作詞:中島みゆき 作曲:中島みゆき

子供を突き飛ばした女が、子供が転がり落ちる様子をうす笑い…。

なんて光景でしょう。でもその様子に、私は子供を助けることもできず、声を出すこともできなかった…。

見て見ぬ振りをしてしまった自分。この光景が怖くて怖くて逃げた。

いつからか、私は周りの目を気にして生きていたんだ。

本当の敵は、他の誰でもなく、私なんだ…。

 

ファイト!
闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろうファイト!
冷たい水の中をふるえながらのぼってゆけ

引用元: ファイト!
作詞:中島みゆき 作曲:中島みゆき

自分の気持ちに真っ直ぐに、立ち向かえ!

そんな私に、周囲は白い目で見るかもしれない。だけど、ファイト!

周りの目は冷たいのかもしれないけれど、自分の真っ直ぐな気持ちを大切に、勇気を出せ!自分自身の弱い心と闘え!

最大の敵は自分自身、だから、自分にファイト!闘え!

応援歌なんて優しい表現ではなく、もっともっと強く、人としてどう生きるのか?そう問われているような歌詞の意味だと思います。

スポンサーリンク

最後に

中島みゆきさんの『ファイト!』の歌詞と、その意味を考察してきました。力強い歌詞でした。

いつもいつも、闘う相手は自分自身。理不尽なことがあったとしても、相手に刃を向けるのでなく、それに対して自分はどう振舞うのか、生きるのかを問われているような気がしました。

単刀直入な強いメッセージ。たくさんのアーティストが『ファイト!』をカバーしてきた理由がわかるような気がしました。

今の時代にこそ、必要な歌なのかもしれません。

それでは以上です。

↓こちらは、今話題のノーベルブライト です。
人気急上昇中のアーティスト!!!

Novelbright(ノーブラ)メンバーのプロフィールや経歴!|fun doors

路上ライブで注目を集めて、メジャデビューした 『Novelbright(ノーブラ)』。 彼らの圧倒的な歌唱力と歌の世界観は、 観る人を惹きつけます! 路上ライブが始まると、あっという間に人集りができるほどの魅力です…