音楽

KinKi Kids『光の気配』の歌詞は?意味も徹底考察・解釈!

 

KinKi Kidsの新曲『光の気配』

 

この歌詞は、声優・歌手・作詞・女優など、マルチな活躍をしているの坂本真綾さんによる作詞です。

シンプルなメロディーと歌で構成されており、KinKi Kidsのバラード曲として注目です!

『光の気配』

歌:KinKi Kids

作詞:坂本真綾

作曲:川口進、Louise Frick Sveen、Xisco

編曲:安部潤

この記事では、KinKi Kids『光の気配』の歌詞と、歌詞の意味ついて考察/解釈しています。

詳しい内容を下に記載しています。

『光の気配』の歌詞
意味も考察

FNS歌謡祭2019で、KinKi Kidsの『光の気配』が初披露されました。その様子は、こちらで視聴できました。

 

KinKi Kids『光の気配』の歌詞を見ながら、意味を考察/解釈していきます。

この坂道の向こうに 朝焼けが待っているって
さっきラジオで聴いたんだ たぶん昔の歌だろう

引用元:UtaTen

「さっきラジオで流れた、昔の歌で、「この坂道の向こうに、朝焼け(日の出に東の空が赤くなること)が待っている」とあった。」

 

今日まで僕が手に入れたものを数える
犠牲にししたもの 奪ったものはいくつ

引用元:UtaTen

「今まで、僕が手に入れたものを数えてみた。

反対に、僕が犠牲にしたものや、奪ってしまったものはいくつあるんだろう。」

 

どこまで行けば僕は満たされるだろう
彷徨いながらあきらめ方も知らない
ただ かすかな光の気配が
歌声のように
僕を捉えて離さないんだ

引用元:UtaTen

「どこまで行っても、満たされる自分はいない。さまよいながら、あきらめる方法もわからない。

微かな道筋は、歌声のように、僕の心を離さない。

その道筋は、僕の未来へと繋がる一筋の光のようなもの。明確な道筋ではなく、「光の気配」程のかすかな道筋。」

まだ叶えてない夢 出会えてない人たちを
なりたかった自分を 思いがけない何かを
迎えに行こう もし間に合うなら

引用元:UtaTen

「もし、まだ間に合うなら

叶えていない夢
出会えていない人たち
なりたかった自分
思いもかけない何か

これらを迎えにいこう。」

 

選ばなかった道はもう振り返らない
この先どこかで繋がるはずさ

引用元:UtaTen

「自分が選択しなかった道は、振り返らない。

きっと、この先のどこかで繋がるはず!」

 

飛び立った鳥がもう見えなくなってく
翼ひろげて 冷たい風に抱かれて
ただ かすかな光の気配を追いかけながら
僕も一緒に連れ出していく

引用元:UtaTen

「飛び立った鳥は、もう見えなくなっている。

僕も、鳥のように翼を広げて、冷たい風に抱かれて、前に進む。かすかな光を追いかけながら、前に進む。」

 

橋をくぐりぬけ 境界を越えて
本能のまま さあ飛んでいけ

引用元:UtaTen

「鳥のように、本能のまま、境界を超えて飛んでいけ!」

 

どこまで行けば僕は満たされるだろう
問いかけながら 答えはないと知っている
ただ かすかな光の気配が
歌声のように あの鳥のように
僕を捉えて離さないんだ

飛んでいけ

引用元:UtaTen

「どこまでいけば、僕は満たされるんだろう? そう自分に問いかけても、答えがないことはわかっている。

ただ、かすかな前へと進む光の方向が、歌声のように、飛んで行った鳥のように、僕を捉えて離さない。

前へ飛んでいけ!」

 

この歌詞の中で「光の気配」というのは、未来へと繋がる、かすかな道筋なのではないでしょうか。

どこまで頑張っても、成功したとしても、自分の心は満たされない。

何が自分を満足させるのか、わからない。けれど、未来へ繋がる道筋は、自分の心を離さない。

 

ただ、鳥のように、自由に、自分らしく、進めばいい。

何も恐れず、ただただ前に進めばいい…。

 

そんな前向きな意味が、歌詞に含まれているように思いました。

KinKi Kidsは、これまでの音楽活動で、苦難もありました。

2017年に堂本剛さんが突発性難聴発症で、コンサートを休演せざるを得なくなりました。その際に、活動を心配する声や、様々な臆測が流れていました。

そんな苦悩があったKinKi Kidsだからこそ、今、このバラードを前向きに歌えるのだと思いました。

KinKi Kidsのコメント

KinKi Kidsが、『光の気配』についてのコメントしています。
こちら をご覧ください。

  • 今のKinKi Kidsだからこそ歌える歌
  • いろんな世代ごとに受け止め方が変わってくる歌詞・音楽
  • 「光の気配」のタイトルのように、光という前向きな方向に向かって、その気配を感じて生きていこう、という楽曲

↑のように、コメントしていました。

↓下の2つの音声も、どうぞ!

この曲は、世代を問わず、受け入れられる楽曲だな、と思いました。「光」に対しては、いろんな考察・解釈の仕方があります。しかし、共通して「前を向いて歩く」というイメージが伝わる歌詞だと思いました。

 

2019年12月4日発売の『光の気配』 (初回盤A CD+DVD)を下にご紹介します。

【先着特典】光の気配 (初回盤A CD+DVD) (A4クリアファイルA付き) [ KinKi Kids ]

初回限定は数量限定です。参考にしてください。

最後に

KinKi Kids『光の気配』の歌詞と、歌詞の意味も考察/解釈してきました。

KinKi Kidsがコメントしていましたが、「今のKinKi Kidsだからこを歌える」。

その言葉には、前進しようとする、彼らの前向きな気持ちが現れているように思いました。

KinKi Kids『光の気配』歌詞はとても深く、誰にでも当てはまるように思いました。

苦悩を抱えていても、前に進む気持ちがあるなら、前に進もう!

バラードですが、前向きな歌詞だと思いました。

 

歌詞の意味の考察は、以上です。

ありがとうございました。