音楽

椎名林檎『公然の秘密』MVパフォーマンスのロケ地は?衣装の意味も

こんにちは!

椎名林檎さんの『公然の秘密』はお聴きになりましたか?

曲は、テレビ朝日系の連続ドラマ「時効警察はじめました」の主題歌になっていますが、エロかっこいいですよね。

 

曲のMVは、更にカッコいいですよね!

椎名林檎さん、ダンサー、演奏チームの衣装や、背景も、めちゃめちゃクールなんです。

では、このMVのロケ地はどこなのでしょう?

 

ということで、今回は、

  • MVのパフォーマンスのロケ地
  • MVの衣装と、その意味

について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

MVのパフォーマンスのロケ地

まずは、MVをご紹介しますね。

これは、夜の巨大な倉庫内ではないでしょうか。屋根が見えましたが、中はがらんどうなので、撮影用のロケ地として使用されている、大型倉庫なのかもしれません。

床を水で濡らして、ピンクと赤い照明が床に反射していて、「事件」の雰囲気を感じますよね!

MVの衣装と その意味

MVのパフォーマンスの衣装が、気になりませんか?

ポリスの衣装で、
曲のタイトルが『公然の秘密』…

一つずつ、読み解いていきましょう!

MVパフォーマンスの衣装

椎名林檎さんを中心として、ダンサー二人もポリスの衣装を着ています。

なぜ、ポリスなのかについては、椎名林檎さんの『公然の秘密』の歌詞の内容に関係するかもしれません。

「公然の秘密」はテレビ朝日系で放送中の連続ドラマ「時効警察はじめました」の主題歌で、麻生久美子演じる三日月しずかの視点で描かれた楽曲。

引用元:音楽ナタリー

下に、「公然の秘密」の歌詞の意味を考察しているので、お時間があればご覧ください。

 

この楽曲は、三日月しずか視点ということなので、三日月しずかと椎名林檎さんを重ね合わせてMVのパフォーマンスを見てみると…

勝手な妄想ですが、椎名林檎さんが麻生久美子さん演じる「三日月しずか」に見えてしまうのは、私だけでしょうか(笑)。

であれば、椎名林檎さんが、ポリスの衣装なのも納得ですね。

 

MVパフォーマンスの意味

MVの最初をよくよく見てください!

まず、最初に横になっているテレビがありましたが、その段階では映像は映っていません。そして、テレビの横には、ビデオカセットも置いてありました。

そして、新たな動画とともに左上に表示されたのは、

「PLAY」という文字

次にうつったのは、
『公然の秘密』のカセットテープ

これは、『公然の秘密』のビデオカセットを再生したのでしょう。

ということは、『公然の秘密』というビデオが、椎名林檎さんが歌っているシーンということになります。

動画も一時的にブレていますね。

 

ヒイズミマサユ機さん(Key)がうつった時には、画像の左上に、「.hzm」が表示されました。これは、彼の別名「hzm」を意味しているのではないかと思います。

 

最後の方でも、また画像が乱れていますね。曲が終わった後の左上に注目してください。

「EJECT」の文字

EJECTは、取り出しという意味です。

なので、椎名林檎さんが歌う『公然の秘密』パフォーマンスのビデオカセットを取り出したという意味なのではないでしょうか?

最後には、映像が終わった後のテレビだけがうつっていましたね。

 

上を、まとめると、

椎名林檎さんの「公然の秘密」パフォーマンスが、ビデオにおさめられていて、そのビデオカセットを再生することで、MVが始まる。

なのでは、ないでしょうか。

 

ディレクションを担当したウスイヒロシさんは、下のようにコメントしています。

こんな最強軍団のパフォーマンスを目撃したら、そりゃもう『事件』です。

引用元:音楽ナタリー

確かに、事件並にすごいです。

じっくりとMVのパフォーマンスを見ていると、細かい演出に気づくので、更に面白くなりますね!

 

下は、『公然の秘密』が入った椎名林檎さんの新しいアルバムです。参考までにご紹介します。

まとめ

椎名林檎さんの『公然の秘密』のMVパフォーマンスのロケ地衣装、その意味についての内容でしたが、いかがでしたか?

MVのパフォーマンスを見れば見るほど、読み解けてくるものがありませんか。

????

なんだか、このMVを読み解く行程さえも、『事件』を解いていくオダギリジョーさん演じる霧山修一郎の行動と重なりますね(笑)!

見れば見るほど、ハマりそうです。

 

最後に、私なりの考察をまとめました。

  • ロケ地:巨大倉庫なのではないでしょうか。撮影用倉庫ロケ地と推測します。
  • 衣装:三日月しずか視点の曲なので、警察の衣装なのでは?
  • MVパフォーマンスの意味:『公然の秘密』というビデオカセットの再生?!

 

ということで、最後までご覧いただきありがとうございました。