音楽

嵐|奉祝曲『レイオブウォーター』歌詞の意味を考察!令和元年

 

令和元年11月9日の国民祭典で披露された、嵐が歌唱の、奉祝曲『Ray of Water(レイオブウォーター)』の歌詞の意味を「令和」と共に考察します。

作詞・作曲についてもご紹介します。

嵐『奉祝曲』
歌詞の意味は?

奉祝曲の曲名は、『Ray of Water(レイオブウォーター)です。

奉祝曲について

奉祝曲の構成は、下のようになっています。

奉祝曲
Ray of Water
(レイオブウォーター)

作曲:菅野よう子

テーマ:『水』

第一楽章「海神」
オーケストラ演奏

第二楽章「虹の子ども」
辻井伸行

第三楽章「Journey to Harmony」
歌:嵐 / 作詞:岡田惠和

 

が歌う、第3楽章
「Journey to Harmony(ジャーニートゥーハーモニー)」をお聴きください。

動画はこちらです。

 

Ray of Water(レイオブウォーター)は、に関する問題に関心をお持ちの天皇陛下を意識して作った曲・歌詞とのことです。

 

第3楽章「Journey to Harmony」の歌詞では、「水・岩・花・大河・しずく・雨・空・海」によって、自然の中の水が表現されていました。

未来へ希望を込めた、新しい時代の幕開けの、お祝いにふさわしい歌詞だと思いました。

 

嵐 奉祝曲『レイオブウォーター』歌詞の意味は?

では、が歌唱の、第3楽章「Journey to Harmony(ジャーニートゥーハーモニー)」の歌詞の意味を考察しています。

 

君が笑えば世界は輝く 誰かの幸せが今を照らす 僕らのよろこびよ君に届け

引用元:BuzzFeed

歌詞の「君」とは、誰でしょうか?

国民祭典は、天皇陛下の即位を祝う、民間主催の国民の祭典です。

ということは、奉祝曲は、国民からの天皇陛下への、お祝いをささげる曲とも考えることができます。

これは推測ですが、「君」というのは、天皇陛下なのではないでしょうか。

このように仮定するならば、歌詞の意味は…

 

「天皇陛下、あなたが笑えば世界は輝きます

私たちの誰かの幸せも同様に、今の時代を照らします

天皇陛下御即位の、私たちの喜びが、天皇陛下に届きますように」

 

と考えることができるのではないでしょうか?(個人的な考察です)

 

はじめはどこかの岩かげにしたたり 落ちたひとしずくの水が平野流れ やがて研ぎ澄まされ 君をうるおし 鳥たちをはぐくみ 花たちとたわむれ あの大河だってはじめはひとしずく 僕らの幸せも大河にすればいい

引用元:BuzzFeed

「最初は、岩陰に滴り落ちる水の一雫が、やがて平地を流れ、鳥や花を育んでいる

大河の始めは、水の一雫

私たちの、天皇陛下御即位への喜びも、その一雫にしてしまおう」

 

ごらんよ僕らは君のそばにいる

君が笑えば世界は輝く 誰かの幸せが今を照らす 僕らのよろこびよ君に届け

引用元:BuzzFeed

「見てください

私たちは、いつもあなたの側にいます

天皇陛下が笑うなら、世界は輝き、そして、私たちの誰かの幸せも、同様に、今の時代を照らします

私たちの喜びが、天皇陛下に届いて欲しい」

 

星明りにじんでふと立ち止まったら 雨の匂いのなかに虹のうたを聴こう かすかなそのうた まるでひとしずく 静かにつながって 確かにつながって 青い空の下 夢など語りあう 愛とか語りあう それが僕の願い

引用元:BuzzFeed

「涙を流すことがあっても、雨の匂いの中で、虹の歌を聴きましょう

かすかなその歌は、まるで水の一雫が川となってつながるように、静かに誰かとつながっているはずです

青い空の下で、夢や愛を語り合いましょう

それが、私達の願いです」

 

ごらんよ光は君とともにいる

君が笑えば世界は輝く 誰かの幸せが時代を照らす 僕らのよろこびよ君に届け

君が笑えば世界は輝く 誰かの幸せが今を照らす 僕らのよろこびよ君に届け

引用元:BuzzFeed

「見てください

国民祭典で、私たちが手に持っている提灯の光を…

私たちは、あなた(天皇陛下)と共にいます

天皇陛下が笑うなら、世界は輝き、そして、私たちの誰かの幸せも、同様に、今の時代を照らします

私たちの喜びが、天皇陛下に届いて欲しい」

 

大丈夫鳥は歌っている 大丈夫空は輝いてる 大丈夫水は流れている 大丈夫海は光っている 大丈夫君と笑ってゆく 大丈夫君と歩いてゆこう

引用元:BuzzFeed

「大丈夫です 鳥は、鳴いています

大丈夫です 空は、輝いています

大丈夫です 水は、流れています

大丈夫です 海は、美しく光っています

大丈夫です 私たちは、あなた(天皇陛下)と笑っていきます

大丈夫です 私たちは、あなた(天皇陛下)と歩いていきます」

 

以上、歌詞に対する、私の個人的な歌詞の意味の考察です。

皆さんは、どのように歌詞の意味を考察しますか?

 

奉祝曲『レイオブウォーター』歌詞で、印象的なのは、最後の「大丈夫…」を何度も歌っているところです。

 

水に関する研究を長年されている天皇陛下に向けて、そして、台風で被害を受けた被災地に心痛めている天皇陛下に向けて、そして、私たち自身に向けた、歌詞なのではないでしょうか。

 

大丈夫…。

とても心に残る言葉でした。

 

「私たちは、令和天皇と共に、新しい
「令和」という時代を歩いていきます。」

そんな歌詞の意味が込められているようにも思いました。

 

奉祝曲『Ray of Water(レイオブウォーター)』をお聴きになられた皇后様は、涙をぬぐっていらっしゃっているようにも見えました。

私は、この場面がとても心に残りました…。

Sponsored Links


奉祝曲『レイオブウォーター』
の作詞・作曲・歌唱者は?

奉祝曲Ray of Water(レイオブウォーター)』の作詞・作曲・演奏・歌唱者について、みてみましょう。

 

作曲
菅野よう子
(かんのようこ 1963年3月18日)

第一楽章「海神」

  • オーケストラ演奏

第二楽章「虹の子ども」

  • ピアノ演奏:辻井伸行
    (つじいのぶゆき 1988年9月13日)

第三楽章「Journey to Harmony」

  • 作詞:岡田惠和
    (おかだよしかず 1959年2月11日)
  • 歌唱者:嵐

 

は、令和元年「国民祭典」で奉祝曲を歌ったということで、さらに人気が高まっていますね。

嵐の新しいDVDを下にご紹介します。参考にしてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

嵐が歌唱の、奉祝曲『Ray of Water(レイオブウォーター)』歌詞の意味を、私なりに考察してきました。

 

では、最後に『Ray of Water(レイオブウォーター)』曲名の意味を考えてみます。

Ray of Waterを和訳にすると、の光線です。

「水」、つまり、水を長年研究されている「天皇陛下」と考えると、
天皇陛下の光線という意味なのかもしれません。

そして、RayWaterの発音が、令和とかかっているのも、素敵だなと思いました。

 

聴く人によって、感じ方や考察の仕方は違うと思いますが、私は、奉祝曲『Ray of Water(レイオブウォーター)』は、

  • 天皇陛下の光
  • 令和の天皇陛下
  • 令和の歌

という意味や思いが込められているのではないか、と思いました。

 

奉祝曲『レイオブウォーター』は、令和の時代が始まるにふさわしい曲・歌詞だと思いました。素敵な国民祭典の夜でした。

 

作曲家・菅野よう子さんに関する記事、式典の曲のCDやダウンロード配信について、下の記事で考察しています。参考にしてみてください。

最後までありがとうございました。