暮らし

使いやすいトイレとは?トイレ位置を間取りから解説

こんにちは。

家の中のトイレ、一日に何度も使うからこそ、家族みんなにとっても、自分にとっても、快適な場でありたいですよね。トイレの使いやすさは、高齢者だけでなく、介助者にとっても大切なポイントです。高齢になるにつれ、この使いやすさの重要度は高くなります。

ジャック
ジャック
使いやすいトイレにならんかなぁ….。

手すりがあれば、助かるんだが。

アリア
アリア
トイレの介助って本当に大変なのよ….。

そこで今回は、家の中のトイレの位置や、使いやすいトイレにするためのポイントをご紹介します。高齢になってから、家族の介護が始まってから、ではなく、今から家族みんなが使いやすいトイレを考えていきましょう。

家のトイレの位置は大切!間取りを解説します

リビング・ダイニングとトイレとの関係、各室とトイレの関係、トイレは他の空間とのつながりが大切です。

ただ、トイレは誰にとってもプライベートな空間です。トイレにいる人にとっても、トイレの外にいる人にとっても、関与しない場所が好ましいです。

お互いの気配を感じるような間取りにならないように、配慮が必要です。

以下に、特に注意していただきたい間取りを解説しますので、参考にしてみてくださいね。

玄関の真正面にトイレ

玄関のお客様と、トイレから「こんにちは」となりうる場所です。また、トイレの扉を開け閉めする際に、玄関からトイレが見えてしまうので、できれば避けたいプランです。

また、換気の面からも、玄関近くは避けたほうがいいかもしれませんね。

リビング・ダイニング・キッチン真横のトイレ

リビング真横のトイレは、アクセスしやすいのですが、トイレの音漏れが気になりますね。来客時には、お客様との微妙な空気が流れそうです….。

リビング付近に設置したい場合でも、リビングから少しずらす等の配慮をしましょう。

キッチンやダイニングの食事をする場からも少し距離をおいたほうがいいですね。

寝室から遠いトイレ

夜の、2階寝室から1階トイレへの移動は、億劫ですね。できれば各階に設置することをおすすめします。

また、トイレが2か所あることで、朝のトイレ渋滞も解消されそうです。

寝室の真上のトイレ

1階寝室の真上に、2階トイレがある場合、深夜の静かな時間帯、水を流す音が聞こえてきそうです。

深夜は物音が少ないため、水の音をより大きく感じるかもしれません。せっかくの睡眠時間、家族がお互いにゆっくり眠れるような間取りにしたいですね。

使いやすいトイレのポイントは?

超高齢化社会に向かって、高齢者が自立した生活を送れる住環境とすることは、高齢者にとっても、家族にとっても日常生活の負担を軽くしてくれます。

公共施設のバリアフリーだけではなく、家の中のバリアフリーこそ、高齢者・介助者にとって大切なポイントではないでしょうか。

以下に、いくつかの使いやすさを解説します。特に、高齢者・介助者の負担を減らせるポイントをあげました。高齢者が使いやすいのであれば、子供も健常者も使いやすいはずです。

扉は引戸

内開き扉は、中で家族が倒れてしまった際、外から開けることが困難になります。なので、出来る限り、引戸がよいでしょう。引戸は、介助者がサポートしやすく、また車いすでの移動の際も邪魔になりにくいため、おすすめです。

手すりを設置

立ち座りの負担を減らすので、介助なしでも、用をたすことができるかもしれませんね。手すりは、体の近くとなるよう設置することが大切です。遠いと、体重を預けられないため、付ける位置には注意が必要です。

トイレ内は少し広めに

トイレでは、色んな動作があるため、通常より少し広めのプランをおすすめします。介助する方は、サポートしやすくなります。車いすの場合、特にスペースが必要になりますね。

段差なく

出入口に段差があるとつまずきやすく、車椅子も出入りしにくいため、段差のバリアはなくしたいですね。

手洗い洗面はトイレと別

トイレタンクの手洗いは、高齢者だけでなく、子供にとっても使いにくいです。トイレとは別の、手洗いの設置をおすすめです。

まとめ

トイレは、プライベートな空間だからこそ、自分で行動できるようにしたいですね。

トイレが使いやすいことは、家族みんなが自立した生活を送るための重要なポイントです。使いやすいプラン、補助器具の設置で、高齢者が自立できるのであれば、ぜひ取り入れたいですね。

介助者の負担が少なくなることは、社会的にみても重要な点です。バリアフリーのトイレが必要になる前に、事前に検討し準備ができるといいですね。

日本の総人口は減る一方ですが、高齢化率は上昇し(団塊の世代の高齢化)、2035年には3人に1人が高齢者と予測されています。また、2060年には2.5人に1人が65歳以上の社会が来ると見込まれています(内閣府高齢社会対策参考)。

高齢者が自立すること、安心して過ごせることは、社会的に見てもとても重要な点です。

トイレについて解説しましたが、今回のポイントが皆さんのお役に立てればいいなと思っています。この内容を参考に、今一度、ご自宅のトイレをチェックしてみてはいかがでしょうか。家族みんなが使いやすいトイレを考えてみてくださいね。