暮らし

家事を楽にする水回りの間取りをアドバイスします!

こんにちは。

主婦にとって、毎日の家事仕事は本当に大変です。キッチン、洗濯機、洗濯干場を一日に何度行ったり来たり。

今日の作業が終わっても、また明日も同じ作業があるのですから。主婦の方は、家族のために本当に頑張ってますよね。

レイラ
レイラ
毎日、目が回りそうよ

何とかしたいわ

そうですね。大変な家事だからこそ、ラクしたい!ですね。

今回は、家事を楽にするための間取りを水回りを中心に解説していきますね。これからご自宅を新たに計画する予定のある方は、以下の項目を検討されてはいかがでしょうか。

さあ、主婦目線で、家事をラクにするための間取りを解説していきますよ!

家事を楽にする水回りの動線は?

家事を楽にするポイントは、何でしょうか?

ミア
ミア
家が整っている事?

片付いてる事?

片付いていて、整っている家は、確かに家事がしやすいでしょう。でもここでは違う観点から考えていきましょう。

それは、ずばり距離です。家事作業の場である、キッチン・洗面所・風呂・洗濯機・洗濯干場の距離を縮めることで、家事は効率的になります。

キッチン・風呂・洗面所が近接していることは、給排水の設備系から見ても、メリットになります。配管が短くすむことで、給排水の効率的なサービスとなります。

効率的な家事動線をつくれるだけでなく、設備面から間取りを考えても、効率的と言えます。

まずは、キッチンと洗濯機の距離が近いことが重要です。キッチン内に洗濯機を置く間取りもありますが、それだけではなく、洗濯機と風呂・洗面の距離も縮めておかないと、かえって使いづらくなってしまいます。

なので、ユーティリティスペースとキッチンを丸ごと近づけることをおすすめします。

これによって、家事全体の動線が短くなり、それぞれの作業も効率的になります。行ったり来たりの家事で、目が回ることも減るのではないでしょうか。

洗濯から収納まで。楽する家事の間取り

さて、先ほどの項目で、動線と距離の話をしました。この項目では、具体的に、楽する家事の間取りについて考えていきます。

特に、各部分とのつながり方が重要になります。例えば、洗濯であれば、

洗濯→干す→たたむ→収納

の流れは決まっていますので、その流れに逆らわない間取りを考えるという事です。

今は、家電製品が充実しているため、干さずに乾燥機を使う方がいらっしゃるかと思いますが、今回は、一般的な洗濯の流れで考えます。

洗濯機から洗濯干場までの効率よい流れ、また、そこに付随して、ユーティリティ全体の家事作業をスムーズに流すことがポイントです。

洗濯から収納までの一連の作業の流れや、ご自身のいつもの家事の流れを重ね合わせて、想像しながら読んでください。

洗濯→洗濯干場の流れをどう考える?

洗濯干場は、家の中でも裏方スペースです。ですから、来客の目につかない場所に、洗濯干場を設置しましょう。

リビングに面したテラスをお持ちのお宅が多いかと思います。しかし、そこは人が集まるスペース・家族がくつろぐスペース。

ですから、ぶら下がっている洗濯物は、リビングから見えない位置を検討してみてはいかがでしょうか。

そこで、ユーティリティ専用のテラスをおすすめします。裏方である洗濯干場を、リビングに面しない場所、かつ洗濯機から移動しやすい距離に設けます。

リビングに面しないことで、来客時でも干しっぱなしで大丈夫なところが主婦にとっては嬉しいですね。

また、雨が降ってきても、洗濯物の取り込みを気にせずにすむよう、このテラスには屋根をかけておきましょう。特に夜干しされる方は、屋根があると安心ですね。

洗濯干場→収納の流れをどう考える?

洗濯物の収納を考えると、洗濯干場のテラス近くに、洗濯物をたたむスペースがあると便利です。これは+αの主婦の家事作業スペースとなります。

この家事作業スペースに、室内の一時的な干場を設置したり、アイロンがけが出来るようなスペースを併設しておくといいですね。

家事スペース内、もしくは、隣接してクローゼットがあれば、取り込みから収納まで、一石二鳥の時短家事となります。

家事作業スペースに、小さなベンチやソファがあれば、さらに快適な家事空間になりますね。

リア
リア
毎日の家事が 楽しくなりそうね

なかなかゆっくりできない主婦の皆さんも、ソファーに座りながら洗濯物たたみなら、楽しくできそうですね。夫の書斎に負けず劣らずの、主婦のための家事部屋となりますよ。

まとめ

今回は、水回りを中心に、家事を楽にする間取りを解説してきました。

現代の女性たちは、仕事をしながら家事や育児をしているため、時間的にも体力的にも、日常生活のどこかにしわ寄せがきてしまいます。

家事を効率的に行えれば、ゆとりの時間が生まれ、体力的にも助かりますね。家事は、しんどいものではなく、楽して効率的に行いたいものです。

今回ご紹介した、裏方の洗濯干場のテラスは、リビングから見えない位置に設けることで、表からは片付いている印象のお宅になります。

急な来客時にも、干しっぱなしでOK。裏方の家事作業スペースがあれば、乾いた洗濯物を出しっぱなしにしていてもストレスになりません。

毎日、家のすべてを綺麗に整えることは大変です。脱ぎ着する洋服は、畳んでしまっても、次の日の夜には、また洗濯物として出てくるのですから。

ごちゃごちゃしてしまうスペースは、まとめて裏方にまとめることで、ごちゃごちゃを許すスペースにしてもいいのではないでしょうか。

楽して家事をこなしたい皆さんの住まいの参考になれば、嬉しいです。