暮らし

おしゃれで使いやすいキッチンにする方法は?レイアウト・収納術

こんにちは。

キッチンは、いつもきれいでスッキリと、使いやすいスペースでありたいですよね。でも毎日使うキッチン、どうしても生活感が出てしまいがち。

女性の方にとっては、料理を作って、きれいにスッキリ片付けるまでの作業は、毎回、本当に大変です。

今回は、使いやすくかつスッキリと、おしゃれなキッチンにする方法をアドバイスします。キッチンは、女性にとって長い時間を過ごす場所ですね。女性が快適に過ごせる工夫もしていきますよ。ステキなキッチンになれば、お料理することが、もっと楽しくなりますよ!

キッチンは美しく!スッキリした収納方法で生活感がなくなります!

キッチンには、食器やカトラリー、調理道具や鍋など、たくさんのアイテムがありますよね。

これがあったら便利だな、これ素敵だから買い足そう!そういった感じで、さまざまな道具が増えて、いつしかたくさんのモノで溢れてはいませんか?

キッチンをスッキリ美しくする方法は、ズバリ食器や調理道具のアイテム数のシンプルさかもしれません。まずはそれらを見直した上で、収納を考えましょう。

さて、質問です。

ミア
ミア
ごみ箱は、どこに置く?

「収納」というと、食器やカトラリーなどの収納を思い浮かべますが、今回は違います。「ごみ箱」を考えましょう。可能であれば、ごみ箱さえも収納しましょう

これからキッチンを造り直す方は、生活感が出てしまいがちな、このようなアイテムの収納に意識を向けましょう。

ごみ箱はワゴン式にして、シンク下に収納するのがおすすめです。調理中は、主にキッチンカウンターから、ごみが出ます。特に、水場からのごみは水が滴り落ちるため、シンク下に設置したごみ箱は、掃除のストレスを軽減してくれます

また、ダイニングからも見えにくくなるため、すっきりしたキッチンになります。ごみ箱を通路に置かないことで、作業もしやすくなりますよ。

ただ、キッチンのごみ置き場は、湿度が高くなるので、家具の扉で密閉しないようにしてくださいね必ず扉の上を数センチ、カットして、換気できるようにしましょう。それが難しい場合は、蓋つきのごみ箱にするのがよいでしょう。

 

ミア
ミア
炊飯器や電子レンジの家電製品はどこに置く?

炊飯器や電子レンジの家電製品は、生活感が出てしまうアイテムです。おしゃれなキッチンにするために、リビングからは見えない位置に設置することをおすすめします。

おすすめは、移動できるワゴンに家電製品をまとめて設置し、シンク下や作業台下に収納する方法です。必要な際に、引き出し、使い終わったら、元の場所に収納します。この方法だと、急な来客時でも、さっと隠せて快適ですよ。

 

ミア
ミア
冷蔵庫に、何か貼ってない?

学校からもらう子供のプリントや、スーパーのチラシ。冷蔵庫にペタペタ磁石で貼っていませんか? 紙を収納することも、意識しましょう。

紙のおすすめの収納方法は、食器棚の扉の裏側です。ガラス戸や引戸の食器棚の場合は難しいですが、これからキッチンを考える方は、ぜひ見えない場所に紙を収納することを考えてみましょう。

扉裏側に、磁石をくっつけるペンキを塗る、または金属板を付ける等の方法があります。もっと簡単な方法として、コルクボードを張り付けてもいいですね。

余談:私の体験談

毎日使うキッチンを使いやすく、シンプルにするために、まず私がしたことは、徹底的に調理のアイテム数を減らしたことでした。

まずは、食器の数や、カトラリーの数の見直し。次に、調理器具や鍋の見直しです。日々使うものだけを残し、あとは綺麗さっぱり処分してしまいました。炊飯器も卒業し、今は、調理にも兼用できる鍋でご飯を炊いています。

便利なものはたくさんあるけれど、それを管理し、整理する時間はもったいない。自分の持ち物が少ないことは、自分の日常をも身軽にしてくれるかもしれないな、と実感した体験でした。

使いやすいキッチンのレイアウトをアドバイス!

使いやすいキッチンのポイントは動線です。中心となるのは冷蔵庫・シンク・コンロ間の作業の流れを考えること。それに加えて、収納棚ダイニングリビングとのつながりも大切です。

イメージしてみましょう。冷蔵庫から食材を取り出し、シンクで洗い、キッチンカウンターで食材を切り、コンロで調理する。料理を盛り付け、出来上がった料理を食卓へ。片付けは、テーブルからシンクへ、洗った食器を収納棚へ。

この流れがスムーズであれば、使いやすいキッチンと言えます。また、調理中に、何度も行ったり来たりしないような配置も大切です。

キッチンの【レイアウト】と【通路幅】の関係を知ろう!

キッチンのレイアウト

I型 冷蔵庫→シンク→コンロの順に配置することが使いやすさのポイントです。食器棚は、キッチンカウンターからも近く、ダイニングからもアクセスしやすい場所に設置しましょう。

L型 I型を折り曲げた形です。壁側に設置すると、キッチンの裏側がダイニング側から丸見えになってしまうので、ダイニングからの見え方に注意が必要です。ですので、一辺を壁付けに、一辺をダイニンング側に向けた対面式とするレイアウトをお勧めします。冷蔵庫を奥に設置してしまいがちですが、手前に設置すると、ダイニングから家族がアクセスしやすく、使いやすいプランになります。

コの字型 コの形の設置型です。シンク・コンロ・作業スペースが分かれるため、パートナーと一緒に料理しやすい形かと思います。このパターンでは、冷蔵庫とシンクへの動線と、作業台からダイニングへの導線が、交錯しない様にしたほうがいいですよ。

アイランド型 料理をみんなでしたり、ホームパーティーをされる方にお勧めします。また、料理好きな方は、キッチンでの作業時間が長くなるため、リビング側へ対面するこのレイアウトは、家族との対話も楽しめます。また、積極的に家族や友人が料理しやすいレイアウトなので、忙しい主婦にとっては魅力的な配置ですね。ただ、他のレイアウトに比べてスペースを要するので、スペースにゆとりのある場合に、おススメです。

(レイアウトについては、こちらのサイトも参考にしてみてくださいね)

キッチン通路幅

1人での調理の場合、通路幅は最低70㎝。家族が積極的に調理に参加するならば、75㎝~90㎝がよいでしょう。注意すべきは、通路幅を広くしすぎない事です。作業しにくいキッチンとなります。

まとめ

キッチンには、いくつかのレイアウトがあるので、迷ってしまいますが、基本は、料理の手順を考えて配置するという事です。

冷蔵庫 → シンク → 作業スペース(切る)→ コンロ

この手順を意識すれば大丈夫ですよ! キッチンの配置を変えられないあなたでも、もう一度、冷蔵庫収納棚の位置を見直してみましょう。

【冷蔵庫←→シンク】つながり

【コンロ←→収納棚←→ダイニング】つながり

これを見直すだけでも、使いやすいキッチンに変えられるはずです。

女性にとっては、キッチンは長い時間を過ごすスペース。ストレスなく、快適な料理の時間にしたいですよね。使いやすさは、料理の段取りに影響します。キッチンで目が回ってしまうのであれば、以上のポイントを参考に、使いやすさを見直してみましょう。

今回の記事が、おしゃれで使いやすいキッチンにしたいと思っているあなたの参考になれば嬉しいです。ぜひ皆さんにとっての、使いやすいキッチンに変身させてくださいね。