暮らし

北海道26日の部分日食の最大の時間!何時まで見られるかも調査

 

2019年12月26日(木)の北海道での部分日食の最大の時間について記載しています。また、何時までみられるかについてご紹介しています。

札幌での時間

  • 食の初め:14:31
  • 食の最大:15:27
  • 何時まで見られるか?→太陽が欠けたまま日の入りとなりますので、日の入りまで部分日食を観察できます。下の図の日の入り時間を参考にしてください。
引用元:
http://www.hbc.co.jp/weather/sun.html

 

北海道での部分日食の見え方、観察方法(見方)についても記載していますので、詳しい内容を参照したい方は、引き続きお付き合いください。

北海道(札幌)での
部分日食の見え方

12月26日、北海道札幌での部分日食の見え方を下にご紹介します。

引用元:国立天文台

 

  • 日食開始時間は、14時31分31秒
  • 日食の最大時間は、15時27分03秒
  • 日の入りは、16時05分09秒
  • 月によって覆われた太陽の直径の度合い:0.265
  • 月によって覆われた太陽の面積の割合:0.155

26日の天気は曇りなので、観察しにくいかもしれませんね。

部分日食の最大の時間の15時半位を目安に観察するといいかもしれません。

部分日食の観察方法(見方)

部分日食で、太陽の一部が月に隠れていますが、熱や光は強いので、正しい方法で観察しましょう。

まず、太陽を見る時にはやってはいけないことがあります。下の項目を事前に確認しておきましょう。

  • 肉眼で太陽を直接見ない。数秒でも危険です。
  • サングラスやゴーグルを使用してでも、直接見ない。
  • 下敷きやCD、フィルムを使っても太陽を見ない。
  • 望遠鏡や双眼鏡で見ない・
  • 日食グラスを使って、望遠鏡や双眼鏡を見ない。

 

上の注意事項を確認すると、日食を観察できないのかな?と思ってしまいますが、簡単に目を痛めずに、安全に部分日食を観察する方法は、木漏れ日を見ることです

下のような感じで、部分日食の様子を観察することができます。

この方法は、小さなお子様との観察でも安心ですね。

天気がいいと、上のように、 部分日食の形を観察できるのですね。

スポンサーリンク

まとめ

「北海道26日の部分日食の時間!何時まで見られるかについても調査」の内容でご紹介しました。

26日は、天気がすぐれず、観察するのが難しいかもしれませんが、部分日食最大の時間、15時半頃を目安に、観察するといいかもしれません。

記事は以上です。
ありがとうございました。