暮らし

ふたご座流星群2019東京の方角は南東!ピーク時間15日朝4時

 

ふたご座流星群が、2019年12月15日に最も活発になります。

下は、東京での方角と、ピーク時間です。

  • 流星の現れる方角:南東寄りの真上
  • 流星の多い時間:15日(日)の朝4時

ですが、今年は明るい満月が一晩中、空を明るくしているため、最も見える南東寄りの真上は、月で照らされて見えにくいかもしれません。

 

そのため、この記事では、2019年の東京のふたご座流星群の見つけやすい方角をご紹介します。

見つけやすい方角:
月明かりが眩しくない月と反対側の空

ピーク時間:
空が暗い15日(日)朝4時頃

詳しい内容は、下に記載しています。

見つけやすい方角は
月と反対の空

2019年12月15日は、ふたご座流星群が活発になる日です。

ふたご座流星群が現れる方角は、南東寄りの真上なのですが、15日は、月がほぼ満月に近いため、夜空が明るめです。

また、今年は、ふたご座流星群が現れる付近に月が出ているため、更に見つけるのが難しくなっています。

ですが、流星群は、放射状にどちらの方向にも現れるので、一点集中でなく、空全体をボーッと観察するのがいいと思います。

月の光の影響が少ない、月と反対側の空を見ていると見つけやすいかもしれません。

 

目は、明るい空間から、暗い空間に慣れるまで、5分くらい時間がかかります。(暗順応)。完全に慣れるまでは、30分もかかります。

そのため、流星群を見つけるためには、焦らず気長に観察するのがいいですよ。

 

地面にシートなどを敷いて、寝転んで観察してみてもいいですね。その際は、防寒対策をしっかり行ってくださいね。

部屋から空が見えるのであれば、窓際にゴロンと寝転んで、空を眺めるのが楽ちんです。

東京でおすすめの観測場所

東京で、流星群を観察する場合、注意したいのは、空が暗い地域であることです。

都心は、深夜であっても、ネオンなどの人工光の影響があります。

流星群は小さな光なので、人工光の影響が少ない地域での観察がおすすめです。

 

東京であれば、下の場所がおすすめです。

江東区新木場の「都立夢の島公園」

場所は、新木場駅から、徒歩5分程度です。

 

夢の島公園の周辺には、駐車場がたくさんあるので、車で行っても安心です。

 

東京都「あきる野市養沢」「西多摩郡檜原」周辺

こちらは、少しアクセスが悪いので、車でいくのがおすすめです。空気が綺麗なので、流星群は見やすいです。

 

東京都西多摩郡の「奥多摩湖」周辺

観測するにはいいですが、夜間は通行止めになるようなので、日帰りは難しいですね。

「月夜見第二駐車場」は観測地点として素晴らしいですが、ご注意くださいね。泊まりがけでないと難しいかもしれませんね…。

一応、駐車場の場所を下にご紹介します。

ピーク時間15日朝4時!

2019年ふたご座流星群は、12月15日(日)の早朝4時がピークです。

ピーク時間帯では、一般的な人で30個前後の流星群を見られるとの事です。

 

しかし、この時間以外でも、十分観察できます。

他の時間であれば、下の時間帯がおすすめです。①の時間の方が、より確率が高いです。

  1. 14日(土)23時頃~15日(日)5時頃
  2. 13日(金)日没後~14日(土)5時頃

15日(日)AM2時頃は、真上から流星群が流れてくるように見られるそうですよ。

東京の日の出時間 6:43ですので、空が明るくなる前の、5時前には観察しておきたいですね。

 

都心の場合、人工光の影響が少ない、未明から早朝にかけての時間の方が見やすいかもしれません

ふたご座流星群の見え方

見た方の動画をご紹介します。

すごいですね!かなりバッチリ見られますね。

月明かりの影響で、見つけるのは難しそうですが、上の動画のようにハッキリと見られるチャンスもあるので、期待したいですね。

スポンサーリンク

まとめ

2019年のふたご座流星群は、月の明るさの影響があるので、気長にぼんやり暗い方向を空全体で見ているといいと思います。

最後にまとめです。

ふたご座流星群の現れる方角は、南東よりの天頂ですが、月明かりの影響を受けてしまうので、月と反対側の暗い夜空の方角が見つけやすいと思います。

ピーク時間は15日(日)早朝4時ですが、14日(土)23時頃〜15日(日)5時頃もおすすめの時間帯です。

ふたご座流星群に出会えるといいですね。

以上です。
ありがとうございました。