レジャー

【スーパームーン2020】 見える時間や方角は?東京の穴場観測スポットも

2020年4月7日から8日は、スーパームーンで、今年最大の満月となります。

そこで気になるのは、「2020年、東京でのスーパームーンが見える時間は何時?」「方角は?」ということではないでしょうか。

 

今年最大のスーパームーンであれば、東京の穴場の観測スポットにいってみようかな、と考えている方もいるかもしれませんね。

 

そこで今回まとめた内容はこちら

【スーパームーン2020】 見える時間や方角は?

東京の穴場観測スポット!

この記事を読むことで、2020年のスーパームーンが見える時間や方角、東京近郊の穴場観測スポットを知ることができます。

またスーパーピンクムーンについても解説しています。

それでは早速、本題に入りましょう!

【スーパームーン2020】 見える時間や方角は?

2020年のスーパームーンの見える時間方角について調べてみました。

先に結論をお伝えすると、

スーパームーンが見える時間

  • 7日深夜〜8日
  • 8日の東京は18時20分

スーパームーンの方角

  • 東→南→西

地球と最接近する時間と満月の時間も合わせてご紹介します。

  • 月と地球の距離が最接近
    4月8日午前3時9分頃
  • 満月
    4月8日午前11時35分頃

 

スーパームーンが見える方角ですが、月は太陽と同じように東→南→西を通っていくので、観測する時間によって、見える方角は異なります。

夕方から夜にかけては、東から南にかけての方角、朝方にかけては西の方角をみるようにすると、見つけやすいかもしれませんね。

 

8日のスーパームーンを狙うなら、日が暮れてしばらくした時間に夜空を見るといいですよ。

東京での目安の時間は18時20分です!

方角は、東の方角です。

 

ネットでは、『スーパームーン』が話題ですが、『スーパーピンクムーン』という単語でも盛り上がっています。

スーパーピンクムーンとは何?について、下にご紹介します。

4月の満月『ピンクムーン』

満月は、いろいろな呼び方があります。

2月の満月のことを『スノームーン』、3月の満月のことを『ワームムーン』などなどと呼ばれます。

4月は、花がたくさんさく春にちなんで、ピンクムーンと呼ばれます。

このような意味があるんだな、イメージしながら月を見るのも素敵ですね。

Sponsored Links


 

東京の穴場観測スポット!

4月7日深夜から8日にかけては、今年最も大きく見えるスーパームーンですから、是非とも穴場観測スポットでみたいですよね。

特に東京では空が明るいので、星空がよく見えるような空が暗い場所での観測がおすすめです。

そこでスーパームーン2020のおすすめ穴場観測スポット5選をご紹介します。

  1. 奥多摩湖(東京)
  2. 東浪見海岸(千葉県)
  3. 城ヶ島(神奈川県三浦市)
  4. 赤城山(群馬県)
  5. 八方ヶ原(栃木県矢板市)

それでは、東京近郊の穴場観測スポットについて詳しくみてみましょう。

奥多摩湖(東京)

東京都の中では、空が暗く、星空がよく見える観測スポットとして有名な奥多摩湖です。

東京都心から、比較的アクセスしやすいので、おすすめです。

 

周りには高い建物がなく、山に囲まれ、東京都は思えないほど自然が広がっているので、夜空が美しく見えます。

スーパームーン以外でも、星空をこんなに美しく観測できますよ↓

東京都内では、人気の観測スポットなので、通常であれば混雑が心配になりますが、今の時期、外出自粛なので、混雑はそれほど心配しなくてもいいかもしれませんね。

参考:奥多摩湖公式ホームページはコチラ

 

東浪見海岸(千葉県)

千葉県東浪見海岸も、東京近郊の穴場観測スポットとして、有名です!

海岸沿での、夜空の観測は、ステキですよね。

 

Twitterの口コミをご紹介すると、東浪見海岸にある鳥居とのコラボショットがおすすめのようですよ1

かなりロマンチックですね♪

今回は、この夜空をスーパームーンに置き換えて撮影したら、かなりの迫力ショットになりそうです。

参考:東浪見海岸についてはコチラ

 

城ヶ島(神奈川県三浦市)

神奈川県三浦市の城ヶ島は、海沿いでの観測がおすすめです。

こちらも空が暗いので、夜空は真っ暗になり、スーパームーンを観測しやすい穴場スポットですよ!

 

スーパームーン以外の時期の星空も綺麗です。

海岸と星空の景色が美しいですね。

 

海辺で寝転んで、スーパームーン観測もいいかもしれません。

こんな時期だからこそ、ちょっとリラックスする時間を持つのもいいかもしれませんね。

参考:城ヶ島公園公式ホームページはコチラ

 

赤城山(群馬県)

群馬県にも穴場の観測スポットがあり、その中でも最も人気が高いのは、赤城山です!

こちらは、東京から離れるので、空気も澄んでいて気持ちがいいですよ。

 

標高は1800mと高いので、他の場所より肌寒く感じるかもしれません。

ただ、その分、スーパームーンも近く感じるかも?しれませんね。

 

下のTwitterのコメントによると、赤城山の山頂から、スカイツリーが見えるようですね。これはすごい!

赤城山に行った方のコメントもご紹介しますね。

参考:赤城山はコチラからどうぞ

 

八方ヶ原(栃木県矢板市)

栃木県矢板市の八方ヶ原は、天体観測マニアにとっては、有名な観測スポットです!

標高1000~1200mの高原が広がる観測地点で、真っ暗な空に、スーパームーンは一段と大きく見えるかもしれませんね。

東京都心からのアクセスは、3時間程かかりますが、今年最大のスーパームーン観測にはもってこいの観測ポイントだと思います。

Twitterのコメントを調べてみると、やはり天体マニアが多めの場所です(笑)!

それだけ、夜空が美しく見えるおすすめの穴場観測スポットと言えますね。

参考:八方ヶ原公式ホームページはコチラ

Sponsored Links


 

まとめ

2020年4月のスーパームーンが見える時間や方角をご紹介しました。

東京近郊の穴場観測スポット5選をご紹介しましたが、どの観測スポットもおすすめです。

4月7日深夜は、天気も良く空が晴れ渡っているので観測するにはもってこいですね。

空も乾燥していているようなので、より一層輝きのあるスーパームーン観測日となりそうです。

それでは、今回はこれまでとさせていただきます。ありがとうございました。