芸能

伊原六花の本名や経歴・韓国人の噂は?高校時代やすっぴん画像も!

女優、歌手としても活躍する【伊原六花】さん。最近では、バラエティ番組、ドラマ『明治東京恋伽』、『チア☆ダン』などに出演し、とても活躍されています。

ジェームス
ジェームス
とってもcuteだよね

特に朝の連続テレビ小説『なつぞら』では、広瀬すず・北乃きい(所属事務所先輩)と共に出演という経歴もあり、新人女優である伊原六花から目が離せませんね。

特技であるダンスシーンを存分に見せるCMでも活躍されていますね。このきっかけとなったのは、皆さんもご存知の「バブリーダンス」です!

高校時代はダンス部として、そこから一躍芸能界デビューする経歴は、素晴らしいですね。

今回は、伊原六花さんの本名や経歴・韓国人の噂、高校時代やすっぴん画像についても調べてみました!

ぜひ最後までご覧くださいね。

伊原六花の本名や経歴・韓国人の噂は?

伊原 六花 (いはら りっか)さんというお名前はとても珍しいですよね。本名なのでしょうか?

 

調べてみると、伊原六花は本名ではなく芸名でした。『林沙耶』が本名のようです。

伊原六花さんのプロフィールご紹介!

 

本名:林 沙耶(はやし さや)

出身地:大阪府狭山市出身

生年月日:1999年6月2日

星座:双子座

血液型:A型

身長:160cm

女優デビュー:2018年

所属事務所:フォスター

出身高校:大阪府立登美丘高等学校

特技:ダンス

好きなこと:お菓子作り

兄弟姉妹:3姉妹の真ん中

スリーサイズ:B85cm W56cm H85cm

推定バストサイズ:D

 

この投稿をInstagramで見る

伊原六花さん(@rikka.ihara.official)がシェアした投稿

伊原六花さんといえば、登美丘高校のダンス部として活躍されたあの方です!皆さんご存知ですよね。

数々のダンス大会で優勝を勝ち取ったダンス部のキャプテンです!

 

伊原六花さんは韓国人?

伊原六花さんについて調べてみると、韓国人とのハーフなのでは?在日韓国人?との噂が多くあります。

その理由として苗字の「伊原」によるところが大きいようですね。「伊原」という苗字は、在日韓国人の通名として使われるようです。

伊原六花さんが韓国人との噂がたったのは、このように「伊原」という苗字が関係していたのですね。

いずれにしても【伊原六花】という名は、本名ではなく芸名のため、彼女が韓国人というのは、単なる噂のようですね。

 

伊原六花さんは、大阪府のご出身で、幼少期から子役としても活躍しています。子供ミュージカルにも出演する経歴もお持ちのようですよ。

また、4歳からバレエも習っており、優れた身体能力をお持ちです。

幼少時代から、バレエやミュージカルに出るなんて、華々しい幼少期ですね。

 

あるインタビューによると、年長の学芸会でうさぎの役だったそうですが、その頃から「前に出て台詞を言う役をやりたい!」と思っていたそうです。

お遊戯会では常に主役を狙っていたそうですよ。この内容から見ても、芸能界入りすべくして成長したような方ですね。

3姉妹の真ん中のお子さんであっても、のほほんと育ったというより、きっちりとしたご家庭にお育ちの方なのかもしれませんよ。

 

伊原六花さんはどんな人?!

お菓子作りが好きなようで、学校の友達やダンス教室の子達に、手作りお菓子をプレゼントしていたようです。

 

バレンタインデーについて、以下のようにコメントされています。

家がお店屋さんになるくらい、クッキーやマフィンなどを作りました。今年も事務所の方やお世話になった方たちに渡せたらいいなと思っていますので、作ろうとは考えています。(引用元:モデルプレス)

こんな女の子には、お菓子作りの道具をプレゼントしたら、とっても喜んでくれそうですね!

クッキーやマフィンを作る人にとっては、可愛いクッキー型や珍しいマフィンケースはツボですから!

 

また、伊原六花さんは子供が大好きのようです!

「言い方に語弊があるかもしれませんが、中学生くらいのころから、ずっと子どもがほしいと思って過ごしてきました」「自分の子どもはまだ考えられていないのですが、いつかはお母さんになりたいなと思います」(引用元:モデルプレス)

とのコメントを残しています。

お若いのに、お母さん願望が強いのですね。ひょっとすると結婚出産までのスピードは早いかもしれませんね。彼氏の存在は気になるところです。

 

理想の男性については「尊敬できる人が魅力的」とコメントしています。

「年上の人への憧れがあるようで、自分のお父さんより下の年齢であればOK」との事で、48歳までOK(2019年1月時点)のようですよ。

伊原六花さんより29歳年上まで大丈夫!ということですね。これはかなり守備範囲が広いですし、今後の男性関係に興味があります。

子供大好き、お母さん願望あり、かなり年上の男性までOKとの事ですから、今後、彼女と共演する俳優・アーティストに注目ですね。特に彼女が尊敬するようなタイプに注目です!

 

伊原六花の高校時代やすっぴん画像!

伊原六花さんは、先ほどの動画にもあるように、高校時代から大変有名です。大阪府立登美丘高校普通科に入学し、ダンス部のキャプテンとして、数々の賞を獲得し、高校時代から注目を集めていました。

大阪府立登美丘高校は、優秀な高校のようで、偏差値60との情報も。近畿大学をはじめ、立命館大学や同志社大学、大阪府立大学に数多く進学されています。

 

伊原六花は、大学には進学せず芸能界の道一本ですが、彼女自身、高校時代から才女なのでしょうね。

ジェームス
ジェームス
ところで、彼女のすっぴんが気になるな

 

この投稿をInstagramで見る

伊原六花さん(@rikka.ihara.official)がシェアした投稿

高校時代は、毎日の朝練と放課後の激しい練習のため、普段はこのようなすっぴん顔だったのではないでしょうか。

 

下の写真のナチュラルなすっぴん素顔は素敵ですね。すっぴんでもこんなにかわいいのですから、本当にうらやましいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

伊原六花さん(@rikka.ihara.official)がシェアした投稿

スポンサーリンク

まとめ

幼児期からダンスを習い、高校時代もダンス部のキャプテンとして部をまとめた伊原六花さん。

高校時代は、9時間にもおよぶダンス部練習練習の後に、個人レッスンに通う体力の持ちだそうです。

登美丘高校ダンス部のコーチといえば、akaneさんで、プロ振付師として活躍されています。

ハリウッド映画のPV振付をする経歴もお持ちです。素晴らしいコーチの下で育ったのですね。

このダンス部の練習風景は、通常の高校生の部活とはかけ離れているようです。

生徒自らノートにメモを取っていたり、コーチにダンスチェックをしてもらいに行くなど、生徒たちが自主的に活動している部のようです。

 

100人以上の生徒が所属するダンス部、この人数をまとめ上げていた伊原六花さんの裁量は相当なものですね。

ダンス技術だけでなく、精神的な強さもある方のようです。

 

そんな伊原六花さん、芸能界について「全力でこの仕事に取り組みたい!」とのこと。

大学には進学せず、芸能活動への心意気が感じられます。

 

あるインタビューでは、

「バブリーダンスで自分の夢が見つかって。こういうふうに一歩踏み出せるキッカケは、全部、高校時代の経験があるからです。そこで出会った方々は今でもお仕事でお会いする機会があったりすることもありますので、これからはそういう繋がりだったりをもっと大事にしていきたいです」(引用元:モデルプレス)

とコメントを残しており、お若いながらもしっかりとしたお考えをお持ちの方ですね。

 

芸能活動がスタートして、撮影中なども忙しいようですが「全部楽しくて勉強になります!」とのコメントから、充実した生活を送っているようですね。

これからの伊原六花さんの活躍に目が離せません!